Shibuya Fashion Week 2021 Spring Shibuya Fashion Week 2021 Spring

Concept

Cross Over

様々なヒト・モノ・コトが行き交う街、渋谷。 対立と協調 不易と流行 混沌と秩序 模倣と創造 この街は、多様性を尊重し変化し続けている。 世界中が戸惑う変化も渋谷が受け入れ、その先へ。 FASHIONの語源は「創作」を意味するラテン語「factio」に由来する。 渋谷はファッションで越えていく。

Shibuya. A town with an interplay of people, tangibles, and intangibles. Conflict and harmony Eternity and vogue Chaos and order Imitation and creativity The town honors diversity and continues to transform. Even when there are changes that bewilder the world, Shibuya accepts and proceeds beyond. The word “fashion” comes from the Latin word “factio,” which means “creation.” With fashion, Shibuya will transcend them.

Live Streaming

TOKYO CREATIE SALON

東京をパリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドンに次ぐ、
ファッション・アート都市へ
国内最大級のファッション・アートイベント
「東京クリエイティブサロン」

Tokyo as a fashion art city after Paris, Milan, New York and London.
Japan's largest fashion art event "Tokyo Creative Salon"

「東京クリエイティブサロン」は、東京をパリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドンに次ぐ、ファッション都市の一つとして位置づけることを目指し、これまで、各エリアそれぞれで⾏われていたファッションイベントやアートイベントを、世界に向けて東京のクリエイティビティを強く発信するという共通の目的のもとに統合。同時期に都内各エリアにて展開します。第2回目の開催となる今回は、昨年に引き続き、公式アンバサダーとして乃木坂46、クリエイター、アーティスト、アンバサダーとして、小山薫堂さん、寺岡重人さん、武田鉄平さんなどが参加し、各エリアで様々なコンテンツを展開することで、昨年よりスケールアップした日本のクリエイティビティを世界に向けて発信いたします。

"The Tokyo Creative Salon" aims to position Tokyo as one of the fashion cities after Paris, Milan, New York and London. Until now, fashion and art events that had been held in each area have been integrated under the common goal of strongly transmitting the creativity of Tokyo to the world and being rolled out throughout Tokyo at the same time.In this second time event, Nogizaka 46 will take part as official ambassadors and Kundo Koyama, Shigeto Teraoka, Teppei Takeda and others as creators, artists and ambassadors sequentially last year, and will send out scaled-up Japanese creativity to the whole world by developing various contents in each area.

  • 開催期間 Period
    2021年3月15日 (月) ~ 31日 (水) March 15 (Mon) - 31 (Wed), 2021
  • 実施エリア Venue
    • 日本橋 Nihonbashi
    • 丸の内 Marunouchi
    • 銀座 Ginza
    • 渋谷 Shibuya
    • 原宿 Harajuku
  • 主催 Organizer
    東京クリエイティブサロン実⾏委員会
    [JAFIC(一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会)]
    Tokyo Creative Salon Executive Committee [JAFIC (The Japan Apparel-Fashion Industry Council)] https://tokyo-creativesalon.com/

Schedule

SHIBUYA RUNWAY

「渋谷ファッションウイーク」のハイライトとなっているランウェイショー「SHIBUYA RUNWAY “THE DESIGNER”」は、感染拡大防止を配慮しオンライン配信で展開します。

今春はファッションブランド「KANSAI YAMAMOTO」が参加し、世界初、渋谷スクランブル交差点でのランウェイショーを行います。「KANSAI YAMAMOTO」のアーカイブコレクションに加えて、クリエイティブチームの高谷健太氏が手掛けたニューコレクションを披露します。ニューコレクションは「渋谷」をモチーフに制作された、ストーリー性溢れる特別なルックです。

Considering the measures to prevent the spread of Corona infection, the runway show SHIBUYA RUNWAY "THE DESIGNER", which is the highlight of "Shibuya Fashion Week", will be streamed online.

This spring, the fashion brand "KANSAI YAMAMOTO" will participate in the world's first runway show at the Shibuya Scramble crossing. In addition to the archive "KANSAI YAMAMOTO" collection, we will showcase the new collection by the creative team of Quenta Takaya. The motif of the new collection is "Shibuya" and it features special looks which are full of story.

  • Designer

    高谷 健太 Quenta Takaya Quenta Takaya

    ⼭本寛斎事務所 代表取締役
    ファッションデザイナー・クリエイティブディレクター
    1975年北海道札幌市出身。東京モード学園在学時より、ファッションデザイナーの登⻯⾨でもある『装苑賞』や『東京新⼈クリエーターズコレクション』など、数々のファッションコンテストに⼊選。1998年より師である⼭本寛斎⽒と共にファッションデザイン、イベントの企画演出をはじめ、国際博覧会、地⽅創⽣事業など、ジャンルを超えたプロジェクトを国内外で幅広く手掛ける。
    Born in Sapporo, Hokkaido in 1975. Since his student days at Tokyo Mode Gakuen, he has been selected for numerous fashion contests such as the "Soen Award" and the "Tokyo New Creators Collection", which are known as step-ups for fashion designers. Since 1998, he has been involved in a wide range of projects both domestically and internationally together with his teacher Kansai Yamamoto, which transcend genres and include such areas as fashion design, event planning and production, international expositions and local creation projects. www.kansai-inc.co.jp
    https://kansaiyamamoto.jp

    2021年は東日本大震災から10 年、熊本地震から5年の節目の年であり、そして新型コロナウイルスの感染拡大も未だ続いております。そんな中でわたしたちが掲げる今回のコレクションテーマは『TOMORROW』。これは、渋谷駅のJR線と井の頭線を結ぶ連絡通路に展示された「明日の神話」という作品に作者の岡本太郎さんが込めた思いを、今を生きるわたしたちなりに表現したいと思ったからです。原爆の炸裂する瞬間が描かれた凄惨な壁画ですが、そこには戦争の悲劇だけではなく、人間の力強さ、誇りといった、凄まじいエネルギーが描かれています。いま、世界中が様々な困難に直面していますが、人間は必ずやこの困難を乗り越えることができるというメッセージを、今回のコレクションを通してお伝えしたいと思います。山本寛斎が生涯をかけて発信し続けた「ファッションは人々に元氣と勇気を与えることができる」という信念のもと、わたしたちはこれからも挑戦を続けてまいります。渋谷から世界に向けて、明日への願いを込めた渾身のコレクションを、ぜひご覧ください。 2021 marks the 10th anniversary of the Great East Japan Earthquake and the 5th anniversary of the Kumamoto Earthquake, and the spread of the new coronavirus still continues. With such circumstances, the collection we are putting out is has the theme of ‘TOMORROW’. This is because we wanted to express the thoughts of the author Taro Okamoto in his work the "Myth of Tomorrow", as we live in the present, exhibited at Shibuya Station in the passage connecting the JR lines and Inokashira Line. It is a ghastly mural depicting the dropping of the atomic bombing, but depicts not just the tragedy of war, but also the tremendous energy of human strength and pride. At present, the world is facing various difficulties, but through this collection we would like to convey the message that human beings can overcome these troubled times. Based on Kansai Yamamoto’s belief that fashion can give people energy and courage, which he has continued to convey throughout his life, we will keep taking on challenges. Please view our collection, into which we embody our wishes for tomorrow, from Shibuya to the world.

  • 開催日程 Period
    2021年3月15日 (月) 22:00 ~ March 15 (Mon), 2021 22:00 -
  • 配信メディア Delivery media
    渋谷ファッションウイーク公式YouTube Shibuya Fashion Week Official YouTube (https://youtu.be/Vv7o22Sk8bk)

SPECIAL ART PROJECT

SPECIAL ART PROJECT

ジュリアン・オピー「Night City」2021年 Julian Opie “Night City” 2021

Powered by GMO

都市を闊歩する人々の姿をダイナミックに表現するジュリアン・オピーのアートは作家の代表的なスタイルとして広く知られる。この新作では印象的な漆黒の背景に様々な色彩を纏った人々の姿をシンプルに表現。
世界的なパンデミックが暗い影を落とす時代にあっても人々の生命エネルギーは闇を照らす希望の灯りのように輝き、生き生きとした色彩で都市の風景を彩っていく。
The dynamic depiction of people striding through the city is widely recognized as Julian Opie’s trademark style. This new piece is a simple expression of people clad in colorful clothing against a striking jet-black background. Even as the global pandemic casts a dark shadow on our times, the human life force illuminates the darkness like a lantern of hope, adding a vibrant splash of color to the cityscape.

ジュリアン・オピー Julian Opie

ロンドンを拠点に国際的に活動する現代美術家。作品は世界の主要な美術館に収蔵されており日本では2008年水戸芸術館現代美術ギャラリー、2019年東京オペラシティーアートギャラリーにて個展を開催。モチーフを簡略化したミニマルな表現言語で構成するスタイルはアート界のみならず様々なカルチャーシーンに影響を与え続けている。 A world-renowned contemporary artist based in London. His works are found in the collections of major museums around the globe. In Japan, he held solo exhibitions at Art Tower Mito in 2008 and Tokyo Opera City Art Gallery in 2019. His minimalist artistic style of simplified motifs continues to influence not only the art world but the cultural scene as well.

  • 展示期間 Exhibition period
    3月15日 (月) ~ 31日 (水) March 15 (Mon) - 31 (Wed)
  • 展示場所 Location
    東急電鉄田園都市線東横線・東京メトロ半蔵門線副都心線渋谷駅B7出入口付近 21番エレベーター Near Elevator 21 at B7 Exit, Shibuya Station (Tokyu Den-en-toshi /Tōyoko Line and Tokyo Metro Hanzomon/Fukutoshin Line)
  • 協力 Cooperation
    • MAHO KUBOTA GALLERY
    • 東京地下鉄株式会社 Tokyo Metro Co., Ltd
    • 東急電鉄株式会社 Tokyu Corporation
    • リンテックサインシステム株式会社 LINTEC SIGN SYSTEM,INC.
    • アーティスト壁紙地産地消プロジェクト KABEGA(カベガ) Mural Wallpaper Project KABEGA

FASHIONART

デザイン&アートフェスティバルを展開するDESIGNARTがプロデュースに加わり、さまざまなカルチャーを牽引してきた渋谷でファッションとアートが融合した新境地をアーティストとともにつくります。

DESIGNART, promoting design and art festivals joined in the producing and pulled in various cultures into Shibuya fashion and art fusions, creating a new frontier with artists.

  • ART01

    City People

    [作家名/参加団体名] 江越ミカ
    [展示場名] 東急百貨店 渋谷・本店
    [展示場住所] 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
    [展示期間] 3月15日 (日) ~ 3月31日 (水)
    [営業時間] 10:30 ~ 18:30
     ※ 8階レストラン他一部営業時間が異なります
    [展示会場 公式サイトURL] https://www.tokyu-dept.co.jp/honten/
    渋谷に来る人の行き交いをテーマにShibuya Fashion Week 2021 Spring FASHIONARTのために制作。
    「透明」で「動く」特性を持つエレベーターの内ガラスと外ガラスをキャンバスに、春の洋服を楽しむ人々を活気のある様子で描き、透明・不透明印刷や背面印刷などこだわりの印刷手法で表現し、来館したお客様にエレベーターに乗ってもらうことで作品の一部となってもらえる参加可能型作品。

    協力:
     リンテックサインシステム株式会社
     アーティスト壁紙地産地消プロジェクト KABEGA(カベガ)
     https://kabega.jp/
    [Writer name / participating organization name] Mika Egoshi
    [Venue] TOKYU DEPARTMENTSTORE HOTEN STORE
     2-24-1,Dogenzaka,Shibuya-ku,Tokyo
    [Period] March 15 (Mon) - 31 (Wed)
    [time] 10:00-18:30
    [URL] https://www.tokyu-dept.co.jp/honten/

    The artwork was made for Shibuya Fashion Week 2021 Spring FASHIONART under the theme of the people coming and going to Shibuya. Taking advantage of elevator’s feature which is transparent and up and down movement, playful people in spring outfits are illustrated and printed with elaborate digital print process. Audience can participate in the artwork by riding the elevators and joining the illustrated people.

    Cooperation:
     LINTEC SIGN SYSTEM,INC.
     Mural Wallpaper Project KABEGA
     https://kabega.jp/

    江越ミカ Mika Egoshi

    広告・雑誌等のイラストレーションやアパレル商品のグラフィックなどを制作する傍ら、2016年ごろから展示作品として見てもらうための作品づくりを始める。2019年に個展を開催(Yorocobito gallery)。絵の中にストーリーを感じてもらえるような作品作りを志向。 Mika Egoshi is an illustrator, graphic designer, and artist. While she works for commissioned illustrations and graphics for ads, magazines, and apparel products, she creates artworks to exhibit. She held her first solo exhibition at Yorocobito gallery in 2019.

    江越ミカ
  • ART02

    スマホの方が現実。 Smartphones Are More Real

    [作家名/参加団体名] ナカミツキと山口真人
    [展示場名] 渋谷ヒカリエ8/CUBE1,2,3、d47食堂前
    [展示場住所] 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階
    [展示期間]
     3月15日(月)~ 3月31日 (水) ※d47食堂前
     3月22日(月)~ 3月30日 (火) ※8/CUBE1,2,3
    [営業時間] 11:00〜20:00
    [定休日] 3月24日 (水) ※8/CUBE1,2,3のみ
    [展示会場 公式サイトURL] https://www.hikarie8.com/cube/2021/01/post-89.shtml

    「スマホの方が現実」展は、スマートフォンでのコミニュケーションを肯定的に捉え、スマートフォンを通じて生じる感情や創造性を描いた作品を展示します。ナカミツキは全ての作品をiPhone上で制作し、スマートフォンの中で完結する現代の世界観を、山口真人はスマートフォンのディスプレイ上に存在するアイコンや動画サービスの画像をモチーフに絵画を制作し、仮想イメージと現実空間が融合する世界観を描き、VR展示も実施します。

    VR展示同時開催:
     2021年3月22日 (月) ~ 3月30日 (火) 水曜休み
     VR会場:www.transreality.io
     時間:16:00 ~ 22:00
     料金:無料
     • スマートフォン、PC、MACでの参加が可能
    [Writer name / participating organization name] Mitsuki Naka and Masato Yamaguchi
    [Venue] Shibuya Hikarie 8F 8/CUBE 1,2,3, and in front of d47 SHOKUDO
     2-21-1, Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo,
    [Period]
     March 15 (Mon) - 31 (Wed) (In front of d47 SHOKUDO)
     March 22 (Mon) - 30 (Tue) (8/CUBE 1,2,3)
    [time] 4 pm to 10 pm
    [holiday] Closed on March 24(Wed) (8/CUBE 1,2,3)
    [URL] https://www.hikarie8.com/cube/2021/01/post-89.shtml

    The “Smartphones Are More Real” exhibition offers a positive take on communication via smartphones, displaying works that embody the creativity and emotions they generate. Mitsuki Naka created all of her works on an iPhone for a modern worldview that is fully enclosed within the smartphone. Masato Yamaguchi created paintings using smartphone display icons and video service images as his motifs for a worldview that integrates virtual images with spaces of reality. A VR exhibition will also be held.

     Concurrent event: VR exhibition
     March 22 (Mon)–30 (Tue); closed Wednesday
     VR venue: www.transreality.io
     Hours: 4 pm to 10 pm
     Entry: Free
     • Can participate by smartphone, PC, Mac

    ナカミツキ Mitsuki Naka

    三菱商事アート・ゲート・プログラム奨学生に選抜。既存のルールにとらわれない多様な価値観をデジタルネイティブとして育った日常的ツール「iPad」で制作を行う。 Chosen for the Mitsubishi Corporation Art Gate Program scholarship. She uses an iPad, which is an everyday tool for her as a digital native, to create art that expresses diverse values liberated from conventional rules.

    ナカミツキ

    山口真人 Masato Yamaguchi

    INDEPENDENT TOKYO 2019にてグランプリを獲得。青井茂アートコレクション・大石哲之コレクション等収蔵。 Winner of the INDEPENDENT TOKYO 2019 Grand Prix. His works are part of the Shigeru Aoi Art Collection and the Tetsuyuki Oishi Collection.

    山口真人
  • ART03

    EAT AND DRINK SOME FORMS

    [作家名/参加団体名] 大野 彩芽
    [展示場名] 渋谷キャスト1F Åre(オーレ)
    [展示場住所] 東京都渋谷区渋谷1-23-21 SHIBUYA CAST.1FÅre
    [展示期間] 3月15日 (月) ~ 3月31日 (水)
    [営業時間] 10:00〜19:30(18:30L.O)
     ※ 短縮営業中
    [定休日] 無休
    [展示会場 公式サイトURL] https://fb.me/are.tokyo

    コラージュアーティスト大野彩芽が、自然のフォルムやマテリアルからインスピレーションを受けて制作した、ファブリックやポスターなどの作品を店内にて展開。展示に留まらない、食と空間の新たな体験を提供。

    協力:
     リンテックサインシステム株式会社
     アーティスト壁紙地産地消プロジェクト KABEGA(カベガ)
     https://kabega.jp/
    [Writer name / participating organization name] Ayame Ono
    [Venue] SHIBUYA CAST.1FÅre
     1-23-21shibuya,shibuya,Tokyo SHIBUYA CAST.1FÅre
    [Period] March 15 (Mon) - 31 (Wed)
    [time] 10:00-19:30 (18:30 L.O)
    [holiday] Everyday open
    [URL] https://fb.me/are.tokyo

    Collage artist Ayame Ono will be showing her works in the shop.
    Ayame Ono, will create fabrics and posters inspired by the forms and materials of nature.
    This is not just an exhibition, but a new experience of food and space.

    Cooperation:
     LINTEC SIGN SYSTEM,INC.
     Mural Wallpaper Project KABEGA
     https://kabega.jp/

    大野 彩芽 Ayame Ono

    多摩美術大学大学院グラフィックデザイン領域修了後、プロダクト・エディトリアルデザインなど様々な分野にアートワークを提供。アパレルブランドとのコラボレーションも多数。主な展示に「EQUILIBRIUM」(ベネチア/2019) 作品集に「There's nothing behind it.」(DOOKS) After completing a postgraduate course in Graphic Design at Tama Art University, she provided artwork for product editorial design and others. She has also collaborated with many apparel brands. Her most exhibitions include "EQUILIBRIUM" (Venice/2019). Her most books include "There's nothing behind it." (DOOKS)

    大野 彩芽
  • ART04

    True Colors FASHION 「対話する衣服」展 "Clothes in Conversation"

    [作家名/参加団体名] True Colors FASHION × ここのがっこう× LILY SHU
    [展示場名] 渋谷スクランブルスクエア Scene12
    [展示場住所] 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア
    [展示期間] 3月15日 (月) 〜 3月31日 (水)
    [営業時間] 11:00〜20:00
    [展示会場 公式サイトURL] https://www.shibuya-scramble-square.com/

    True Colors Festival 超ダイバーシティ芸術祭の一環として、山縣良和が設立した「ここのがっこう」の卒業生・在校生から選抜したデザイナー6人が、身体や心の異なるモデル6人に向き合って制作した作品群と、それらを撮影したLILY SHU の写真を展示。彼らの創作過程を追い続けたドキュメンタリー映像(河合宏樹監督)も同時配信。多様性に対する様々な視点と個々の輝きをご覧下さい。
    [Writer name / participating organization name] True Colors FASHION × coconogacco × LILY SHU
    [Venue] Shibuya Scramble Square Scene12
     Shibuya Scramble Square, 2-24-12 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
    [Period] March 15 (Mon) - 31 (Wed)
    [time] 11:00-20:00
    [URL] https://www.shibuya-scramble-square.com/

    As part of the True Colors Festival – One World, One Family, six designers chosen among alumni and current students of “coconogacco,” which was founded by Yoshikazu Yamagata, teamed with six models who have diverse minds and bodies. The resulting creations and photos taken by LILY SHU are exhibited. A documentary film (directed by Hiroki Kawai) that followed that creative process is being streamed at the same time. We invite you to witness the many perspectives of diversity and the radiance of each individual .

    ここのがっこう coconogacco

    ファッションの表現と本質を学ぶ学校として、2008年に山縣良和によって設立。現在活躍する多くのデザイナー、アーティストを輩出している。 Founded in 2008 by Yoshikazu Yamagata as a school to study the expression and essence of fashion. The school has produced many successful designers and artists.

    ここのがっこう

    LILY SHU / 写真家 LILY SHU / Photographer

    一個体の身体的実存からはじめ、空間・光・物質の宇宙論的アプローチをたどりながら、可視と不可視の政治学、越境する想像力をテーマに制作に取り組む。 Starting from the physical existence of an individual, she traces the cosmological approach of space, light, and matter, working under the theme of the politics of visibility and invisibility, and cross-border imagination.

    LILY SHU / 写真家
  • ART05

    「Shibuya Dreamers」
    Leslie Kee Photo Exhibition

    [作家名/参加団体名] LESLIE KEE / INERTIA
    [展示場名] 渋谷スクランブルスクエア 15階 INERTIA SHIBUYA STUDIO
    [展示場住所] 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア
    [展示期間] 3月16日 (火) 〜 3月31日 (水)
    [営業時間] 12:00〜17:00
    [定休日] 日曜、月曜

    世界的な写真家レスリー・キーが渋谷で撮影したファッションアートフォトと自身のチャリティープロジェクト「We Are The Love」の写真を渋谷スクランブルスクエアの15階INERTIA SHIBUYA STUDIOにて展示致します。世界中のアーティストや俳優などの協力を得て、今年2月にクラウドファンディングで2000万円以上を集めたチャリティープロジェクト「We Are The Love(https://readyfor.jp/projects/leslie)」。“愛”をテーマに写真集を製作し、収益の一部を児童養護施設に寄付することを目的としています。子どもたちの未来への思いが紡がれ、多くの支援と反響を呼びました。本展示の期間中においても写真作品を販売し、その売上を寄付致します。また、レスリー・キーによるトークイベントも予定しております。
    [Writer name / participating organization name] LESLIE KEE / INERTIA
    [Venue] Shibuya Scramble Square 15F INERTIA SHIBUYA STUDIO
     Shibuya Scramble Square, 2-24-12 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
    [Period] March 16 (tue) - 31 (Wed)
    [time] 12:00-17:00
    [holiday] Sunday, Monday

    Fashion art photos taken by world-famous photographer Leslie Kee in Shibuya and photos of his own charity project "We Are The Love" will be exhibited at INERTIA SHIBUYA STUDIO on the 15th floor of Shibuya Scramble Square. "We Are The Love (https://readyfor.jp/projects/leslie)" is a charity project that raised more than 20 million yen by crowdfunding in February this year with the cooperation of artists and actors from all over the world. The purpose is to make a photo book with the theme of "love" and donate a part of the proceeds to the orphanage. The children's feelings for the future were spun, and they received a lot of support and response. During the period of this exhibition, we will sell photographic works and donate the sales. We are also planning a talk event by Leslie Kee.

    LESLIE KEE

    シンガポール生まれ。フォトグラファー。
    アート、ファッション、広告の撮影、映像監督などを中心に世界各国で活動。写真とアートマガジンのシリーズ「SUPER」は世界の企業やYOHJI YAMAMOTOなどとコラボレーション。日本のLGBTのポートレートを撮影するプロジェクト「OUT IN JAPAN」での活動や、国連広報センターとSDGsの啓発活動も精力的に行う。
    Singapore-born photographer Leslie Kee has shot art, fashion, and advertising, as well as worked as a video director around the world.

    He has collaborated with YOHJI YAMAMOTO and companies word-wide in his art and photography magazine series, “SUPER.”

    He is also actively involved in the project "OUT IN JAPAN'', which photographs portraits of LGBT people in Japan. Furthermore, he also works on educational activities for the SDGs with the United Nations Public Information Center.

    ここのがっこう

    INERTIA

    ART&SCIENCEをキーワードにアーティストが活躍する創造社会を目指す Aiming to make a creative society where artists play an active role with ART&SCIENCE as the keywords

  • ART06

    石川竜一「いのちのうちがわ」 Ryuichi Ishikawa 'Inside of life'

    [作家名/参加団体名] 石川 竜一
    [展示場名] MIYASHITA PARK South3F SAI
    [展示場住所] 東京都渋谷区神宮前 6-20-10 MIYASHITA PARK
    [展示期間] 3月20日 (土) ~
    [営業時間] 11:00〜21:00
     ※感染症拡大防止のため政府および自治体の協力要請などにより、営業時間に変更が生ずる場合がございます
    [展示会場 公式サイトURL] http://www.saiart.jp/

    本展覧会では2016年に発表した「CAMP」に続き、アーティストの山での生活の中で撮影した新作42展が展示されます。ポートレート作品から一貫して、「生」というものに向き合ってきた石川竜一。人のつくる世界とは異なる一切の厳しくも美しい自然の中で生活をしていくうちに彼は、自身と自然、内と外の境界線が曖昧になっていくと語ります。展示会場では新作の写真集の先行販売を予定しています。

    写真集「いのちのうちがわ」を3月20日(土)より展覧会会場にて先行販売予定。
    [Writer name / participating organization name] Ryuichi Ishikawa
    [Venue] MIYASHITA PARK South3F SAI
     MIYASHITA PARK,6-20-10 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo
    [Period] March 20 (Sat) -
    [time] 11:00 - 20:00 (Opening hours is subject to change due to the declaration of emergency)
    [URL] http://www.saiart.jp/

    Following ‘CAMP’ published in 2016, the exhibition ‘Inside of Life’ will present 42 new photographic works that were taken in a mountain by Ryuichi Ishikawa during his visit. Since his past portrait works, Ryuichi Ishikawa has been consistently facing the theme of ‘life’. As he experiences living in all kinds of the harsh but beautiful natural environment which are different from our human society, he remarks that the boundary between him and nature, in other words, inside and outside, becomes blurred. there will be a the presale for 'Inside of Life’, the newly published photo book held at the exhibition venue.

    We are planning to pre-sale for the photo book 'Inside of Life' from March 20 (Sat) at the exhibition venue.

    石川 竜一 Ryuichi Ishikawa

    1984 年沖縄県生まれ。2010 年、写真家 勇崎哲史に師事。2011 年、東松照明デジタル写真ワー クショップに参加。2012 年「okinawan portraits」で第 35 回写真新世紀佳作受賞。2015 年、 第 40 回木村伊兵衛写真賞、日本写真協会賞新人賞受賞。 Born in Okinawa in 1984. In 2010, he studied photography under the photographer Tetsushi Yusaki. In 2011, he joined Tohmatsu Lighting Digital Photo Work Shop. In 2012, he won the 35 th Photographic New Century Honorable Mention for "okinawan portraits". In 2015, he received the 40 Kimura Ihei Award for Photography and the New Artist Award of the Photographic Society of Japan.

  • ART07

    マルチスタンダード MULTISTANDARD

    [作家名/参加団体名] マルチスタンダード
    [展示場名] MIYASHITA PARK South1F &BASE
    [展示場住所] 東京都渋谷区神宮前 6-20-10 MIYASHITA PARK
    [展示期間] 3月15日 (月) ~ 3月31日 (水)
    [営業時間] 11:00〜21:00
     ※感染症拡大防止のため政府および自治体の協力要請などにより、営業時間に変更が生ずる場合がございます
    [展示会場 公式サイトURL] https://mitsui-shopping-park.com/urban/miyashita/

    価値観の更新がよりオープンに展開する昨今、あらゆる枠組みが旧来の機能性を上書きし続けています。
    ものづくりの分野においても例外ではありません。こうした社会では、一定のスタンダードの実像を共有することよりも、多視点的な目の獲得を促進させ、収束しようとする知見の限界を押し拡げることが重要だと考えています。テクノロジーがもらたす恩恵と、あらたな視座が紡ぎ出す価値とが交錯する地平にこそ、より多様性のある未来が開かれていると思うからです。
    [Writer name / participating organization name] MULTISTANDARD
    [Venue] MIYASHITA PARK South1F &BASE
     MIYASHITA PARK,6-20-10 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo
    [Period] March 15 (Mon) - 31 (Wed)
    [time] 11:00-21:00
    [URL] https://mitsui-shopping-park.com.e.act.hp.transer.com/urban/miyashita/

    Unconstrained by convention, aimed at reflecting a diverse society and updating the meaning of "harmony" to incorporate heterogeneity. Transcending human-centric doctrines, we might find the interplay between the natural and the man-made. These 5 designers each explore possibilities based on unique perspectives.

    マルチスタンダード MULTISTANDARD

    東京を拠点とする5人のデザイナーが集まるマルチスタンダードは、社会が求める最適解を提示するのではなく、新しい視点をツールとしてデザインに機能させ、アイデアに形を与えることを主眼として活動しています。未来の多様な暮らしに関するいくつかの可能性を、マテリアルやプロセス、コンテキストの読み直しを手掛かりに模索します。 Multistandard is a team of designers based in Tokyo.
    5 designers each explore the new relationship between the human, the object, and the environment in our diverse lives.

    マルチスタンダード
  • ART08

    TABASCO PIZZA SALAMI

    [作家名/参加団体名] HONGAMA
    [展示場名] MIYASHITA PARK South3F FOOD HALL
    [展示場住所] 東京都渋谷区神宮前6-20-10 MIYASHITA PARK
    [展示期間] 3月15日 (月) ~ 3月31日 (水)
    [営業時間] 11:00~23:00
     ※感染症拡大防止のため政府および自治体の協力要請などにより、営業時間に変更が生ずる場合がございます。
    [展示会場 公式サイトURL] https://mitsui-shopping-park.com/urban/miyashita/

    絵画、陶器、アニメーション作品を公開。フードホールにふさわしい作品を中心に集めました。
    [Writer name / participating organization name] HONGAMA
    [Venue] MIYASHITA PARK South3F FOOD HALL
     MIYASHITA PARK,6-20-10 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo
    [Period] March 15 (Mon) - 31 (Wed)
    [time] 11:00-23:00
    [URL] https://mitsui-shopping-park.com.e.act.hp.transer.com/urban/miyashita/

    A presentation of paintings, ceramics, and animations. This is mainly a collection of works that are fitting for the food hall setting.

    HONGAMA

    1989年生まれ。幅広いメディアを横断しながら活動しているイラストレーター。独特の視点から生み出されるシュールでユーモアに富んだイラスト作品を中心に、陶器やアニメーション作品なども手掛ける。また、アパレルブランドやミュージシャン、雑誌などに作品を提供している。
    Instagram @hongama56
    Born in 1989. An illustrator who works across a broad range of media, mainly with surrealistic and humorous illustrations drawn from a unique perspective, as well as ceramics and animation. Also has provided works to apparel brands, musicians, and magazines.
    Instagram @hongama56

    HONGAMA
  • ART09

    街の色 COLOR OF CITY

    [作家名/参加団体名] 阿部 伸吾
    [展示場名] 渋谷ストリーム
    [展示場住所] 東京都渋谷区渋谷3-21-3
    [展示期間] 3月15日 (月) ~ 3月31日 (水)
    [営業時間] 11:00~22:00
    [展示会場 公式サイトURL] https://shibuyastream.jp

    街に人がやってくる。どんどんやってくる。「人」によって「街」に色がついていく、その様子を渋谷ストリームのサイネージと大階段でダイナミックに表現したアニメーション作品。街の色は人が持ってくる。
    [Writer name / participating organization name] Shingo Abe
    [Venue] SHIBUYA STREAM
     3-21-3 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
    [Period] March 15 (Mon) - 31 (Wed)
    [time] 11:00-22:00
    [URL] https://shibuyastream.jp

    People come to the city. It's coming steadily. An animated work that dynamically expresses the appearance of the "city" being colored by "people" with the signage and the grand staircase of SHIBUYA STREAM. People bring the colors of the city.

    阿部 伸吾 Shingo Abe

    CGデザイナー、アニメーター及びディレクターとして広告に携わる。その他多くの作家とのコラボレーションの中で、映像のみならず映像投影に関わる空間演出、インタラクティブ作品、インスタレーション、さらにはファッションショーや舞台における映像演出など、メディアの形にとらわれない作品を多く手がけている。 Engaged in advertising as a CG designer, animator and director. In collaboration with many artists, he has worked on many works that are not bound by the form of media, such as spatial production related to image projection, interactive works, installations, and image production at fashion shows and theatrical performances.

    HONGAMA
  • ART10

    「ALTERED STATE - 変更された状態 -」 curated by CALM & PUNK GALLERY and C.C.P.

    [作家名/参加団体名]
     水野健一郎、ラッセル・モーリス
     キュレーションはCALM&PUNK GALLERY
    [展示場名] OIL by 美術手帖
    [展示場住所] 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ 2階
    [展示期間] 3月15日 (月) ~ 3月28日 (日)
    [営業時間] 11:00 ~ 20:00(館に準ず)
    [展示会場 公式サイトURL] https://oil-gallery.bijutsutecho.com/

    「コミック・アブストラクション」を代表するアーティスト、水野健一郎とラッセル・モーリスによる2人展。発表される作品群では、複数のテーマがコミック・アブストラクションという名の超現実的な坩堝の中で混ざり合っている。具体的に言うと、身体性、フォルムとフォルムの変化、SFと自然、人間、生物、昆虫、そしてそれらの間に横たわるすべてのもの、そして……もちろん、一つや二つの変容してしまった意識たちも。
    [Writer name / participating organization name]
     Kenichiro Mizuno, Russell Maurice
     burated by CALM&PUNK GALLERY
    [Venue] OIL by Bijutsutecho
     2F Shibuya PARCO, 15-1, Udagawacho, Shibuya, Tokyo
    [Period] March 15 (Mon) - 28 (Sun)
    [time] 11:00-20:00
    [URL] https://oil-gallery.bijutsutecho.com/

    A two-person exhibition by iconic artists of Comic Abstraction, Kenichiro Mizuno and Russell Maurice. In the displayed works, multiple themes blend in the surrealistic melting pot that is called Comic Abstraction. Specifically, these include physicality, forms and alteration of forms, science fiction and nature, humans, creatures, insects, and everything in between…. Obviously, this also includes one or two altered states of mind.

    水野健一郎, ラッセル・モーリス, CALM&PUNK GALLERY Kenichiro Mizuno, Russell Maurice, CALM&PUNK GALLERY

    既視感と未視感の狭間に存在する超時空感を求めて、潜在的絵画体験であるTVアニメからの影響を脳内で再構築、アウトプットする水野健一郎。83年から00年中期までグラフィティシーンで活躍、現在はGasiusとしても知られるRussell Maurice。キュレーションはCALM&PUNK GALLERY。 In search of the transcending space and time that exists in the chasm between déjà vu and jamais vu, Kenichiro Mizuno reconstructs the influence of TV animation, which is his subconscious art experience, for output. Russell Maurice was active on the graffiti scene from 1983 through mid-2000 and is now also known as Gasius. Curated by CALM & PUNK GALLERY.

    HONGAMA
    HONGAMA
  • ART11

    Imaginary travel - THINGS WE LOVE by MARCOMONDE

    [作家名/参加団体名] MARCOMONDE
    [展示場名] THINGS WE LOVE by MARCOMONDE
    [展示場住所] 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ 4階
    [展示期間] 3月15日 (月) ~ 3月31日 (水)
    [営業時間] 11:00 ~ 20:00
     ※時間の変更の可能性あり
    [展示会場 公式サイトURL] https://marcomonde.jp/

    旅した国よりインスピレーションを受け、レッグウエアを展開してきたMARCOMONDE。
    アーカイブコレクションより象徴的なデザインをピックアップして、旅に出られない今だからこそ、想像を膨らませて楽しんで頂けるような空間を作ります。
    [Writer name / participating organization name] MARCOMONDE
    [Venue] THINGS WE LOVE by MARCOMONDE
     shibuya PARCO
    [Period] March 15 (Mon) - 31 (Wed)
    [time] 11:00-20:00
     *Open hours may change occasionally
    [URL] https://marcomonde.jp/

    We have traveled to many countries and been amazingly inspired to extend the legwear brand "MARCOMONDE”.
    Since we are so deep in the difficult situation to hardly go traveling around , we will offer a delightful space, where you can inflate your imagination and encourage yourselves, by picking up the iconic designs from " MARCOMONDE" archive collections.

    MARCOMONDE

    旅をして出会う様々な人々、その土地で生まれた独自の文化、町を彩る色やパターン。訪れる全ての場所での素晴らしい経験と発見、それらがマルコモンドのインスピレーションとなり、カルチャーとモードを融合させたスタイルを提案します。 The various people that you meet on a journey, the unique culture born on that land, and the colors and patterns that decorate the streets.
    The fantastic experiences and discoveries you make everywhere you visit, these are the inspiration for MARCOMONDE. We offer a style that is a fusion of culture and fashion.

    HONGAMA
  • ART12

    NEON TOKYO from 大ネオン展 NEON TOKYO from Dai-Neonten

    [作家名/参加団体名] アオイネオン株式会社
    [展示場名] koe 渋谷店(hotel koe tokyo 2F)
    [展示場住所] 東京都渋谷区宇田川町3−7 2階
    [展示期間] 3月15日 (月) ~ 3月31日 (水)
    [営業時間] 10:00 ~ 23:00
     ※時間の変更の可能性あり
    [展示会場 公式サイトURL] https://hotelkoe.com/fashion/

    街から消えゆく本物の「ネオン」を「アート」として未来に残したい。
    その独特な輝きと色彩で、人々の感性に強く印象を与えるネオン管。職人のバーナーワークで自在に成型したガラス造形により創造性豊かな光のアートを生み出します。近年ではエンターテイメントや様々なジャンルのアーティストとのコラボ作品などで注目を集めるアオイネオンの「ネオンアート作品」をご覧ください。
    [Writer name / participating organization name] AOI NEON Co.,Ltd.
    [Venue] koe Shibuya store (hotel koe tokyo 2F)
     3-7 2F, Udagawa-cho, Shibuya-ku, Tokyo
    [Period] March 15 (Mon) - 31 (Wed)
    [time] 10:00-23:00
     *Open hours may change occasionally
    [URL] https://hotelkoe.com/fashion/

    I want to leave the real "neon" that disappears from the city as "art" in the future.Neon that makes a strong impression on people's sensibilities with its unique brilliance and color. We create creative light art by glass molding that is freely molded by craftsman's burner work. Please see Aoi Neon's "Neon Art Works", which has been attracting attention in recent years for entertainment and collaboration works with artists of various genres.

    アオイネオン株式会社 AOI NEON Co.,Ltd.

    アオイネオンは東京、静岡、大阪、福岡を拠点に全国の現場を手がけている看板やネオンサインのデザイン・設計・製作・施工まで一貫して行う会社です。表札からビルの屋上の看板まで、街で見かけるサイン、看板はすべて扱っています。 Aoi Neon is a company based in Tokyo, Shizuoka, Osaka, and Fukuoka that consistently designs, designs, manufactures, and constructs signboards and neon signs that handle sites nationwide. From nameplates to signboards on the roof of buildings, we handle all the signs and signs you see in the city.

    アオイネオン株式会社
  • ART13

    Ugly wardrobe

    [作家名/参加団体名] h220430
    [展示場名] koe space(hotel koe tokyo 1F)
    [展示場住所] 東京都渋谷区宇田川町3−7 1階
    [展示期間] 3月15日 (月) ~ 3月31日 (水)
    [営業時間] 10:00 ~ 23:00
     ※時間の変更の可能性あり
    [展示会場 公式サイトURL] https://hotelkoe.com/fashion/

    ファストファッションの生産現場で余剰に生産され、通常はお金をかけて処分される生地をプレスし、強度と美しさを兼ね揃えた素材でワードローブを製作し「Ugly wardrobe」と名付けました。
    アップサイクルという現代の重要課題を実際に生活の中に取り込むことで、社会が抱える問題について、より身近なこととして捉えることができると考えています。

    製作・素材提供:株式会社ワークスタジオ
    素材名:PANECO®︎
    [Writer name / participating organization name] h220430
    [Venue] koe space (hotel koe tokyo 1F)
     3-7 1F, Udagawa-cho, Shibuya-ku, Tokyo
    [Period] March 15 (Mon) - 31 (Wed)
    [time] 10:00-23:00
     *Open hours may change occasionally
    [URL] https://hotelkoe.com/fashion/

    We pressed fabrics that are produced excessively at fast fashion production sites and are usually disposed of with cost, and sublimated them into materials that combine strength and beauty and used these materials to form Upcycled wardrobe "Ugly wardrobe". Incorporating current important issue of up-cycle into daily life will give us a closer look on environmental issues.

    Production / material provision: WORKSTUDIO Corporation
    Material: PANECO®︎

    h220430

    2010年始動。地球環境の悪化や貧富の差が生み出す問題など現代社会が抱える多くの難題から目を逸らすことなく、社会の代弁者としてデザインに取り組み、我々なりのメッセージを世界に向けて発信しています。 h220430" is Established on April 30th, Heisei 22(Heisei is the current era name in japan).
    Our design activities focus on lighting and furniture, etc.
    We want to design not just primary shape of the things but secondary communication deriving from the messages in the things. We hope our works will produce communication and provide an opportunity for people to rethink and act against many difficult problems such as deterioration of the global environment and continuous conflicts all over the world.

  • ART14

    MOTION

    [作家名/参加団体名] ヤビク・エンリケ・ユウジ
    [展示場名] ディーゼル アート ギャラリー
    [展示場住所] 東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti DIESEL SHIBUYA B1階
    [展示期間] 3月15日 (月) ~
    [営業時間] 11:30 ~ 21:00
    [定休日] 不定休
     ※時間の変更の可能性あり
    [展示会場 公式サイトURL] https://www.diesel.co.jp/art/yabiku_henrique_yudi/

    ブラジルと日本の二つの文化の狭間で育った背景から、世の中の違和感や歪みの不完全さに美しさを見出し、コラージュを中心にオブジェクトやインスタレーションなど、その表現の裾野を広げている現在注目のアーティストのひとりです。本展覧会では、立体作品を含む30点以上の新作を展示します。
    会場では、展示作品をはじめ、展覧会のために作られた限定グッズも販売いたします。

    「MOTION」 Virtual Tour
    「MOTION」展をオンライン上で体験できるバーチャルツアーが公開中。
    [Writer name / participating organization name] Yabiku Henrique Yudi
    [Venue] koe space (hotel koe tokyo 1F)
     cocoti DIESEL SHIBUYA B1F, 1-23-16, Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
    [Period] March 15 (Mon) -
    [time] 11:30-21:00
     *Open hours may change occasionally
    [URL] https://www.diesel.co.jp/art/yabiku_henrique_yudi/

    With a background in Brazilian and Japanese culture, Yabiku looks for inspiration in the beauty of incongruity and imperfections of today’s world.
    As he expands his creative platform mainly through collages and installation art, Yabiku is currently considered one of Tokyo’s emerging artists.
    The exhibition will showcase more than 30 new pieces of art, including three-dimensional pieces. The art works will be available for purchase along with limited goods made exclusively for the event.

    「MOTION」 Virtual Tour
    A virtual tour experience of exhibition "MOTION" available online now.

    ヤビク・エンリケ・ユウジ Yabiku Henrique Yudi

    1997年ブラジル、サンパウロ生まれ。11歳のとき日本に移住。一時、文化服装学院にて服飾を学ぶ。
    その後、2017年よりコラージュを用いた表現活動が始まる。2019年に初の個展"FIRST IMPRESSION"をW+K+ Galleryにて開催。
    さらに同年、雑誌Them magazineにValentinoとコラボしたアートワークを掲載。そして2021年、渋谷 DIESEL ART GALLERYにて自身の最大規模の個展 “MOTION”の開催に至る。
    Born in 1997, São Paulo, Brazil, Henrique moved to Japan at the age of 11. He started studying clothing design at Bunka Fashion College and later started making collages as a way of self expression.
    The debut solo exhibition “FIRST IMPRESSION” was held in 2019 at the W+K+ Gallery.
    In the same year, Henrique”s artwork in collaboration with Valentino was published in Them magazine.
    Now, in 2021, he will hold his biggest solo exhibition “MOTION” at DIESEL ART GALLERY in Shibuya.

    ヤビク・エンリケ・ユウジ
  • ART15

    WATOWA INC.&LEMONLIFE 10th ANNIVERSARY 「千原徹也キュレーション ART EXHIBITION #なんかやろうね2021」 「TETSUYA CHIHARA CURATION ART EXHIBITION #nankayaroune2021」

    [作家名/参加団体名] WATOWA GALLERY
    [展示場名] elephant STUDIO
    [展示場住所] 東京都渋谷区渋谷2-7-4 1F/2F
    [展示期間] 3月18日 (木) ~ 26日 (金)
    [営業時間] 12:00 ~ 19:00
    [展示会場 公式サイトURL] https://www.instagram.com/watowagallery/
    [Writer name / participating organization name] WATOWA GALLERY
    [Venue] elephant STUDIO
     2-7-4 Shibuya, Shibuya-ku, Tokio 1F / 2F
    [Period] March 15 (Mon) -
    [time] 12:00-19:00
    [URL] https://www.instagram.com/watowagallery/

    千原徹也 Tetsuya Chihara

    アートディレクター/株式会社れもんらいふ代表
    1975年京都府生まれ。広告、ブランディング、CDジャケット、装丁、雑誌エディトリアル、ドラマ、CMなど、デザインするジャンルは様々。れもんらいふデザイン塾の主催、東京応援ロゴ「KISS,TOKYO」プロジェクトなど、活動は多岐に渡る。れもんらいふは今年10周年を迎え、#なんかやろうね2021 と題し、さまざまなコラボ企画が予定されている。
    Art director / Representative of Remon Life Co., Ltd.
    Born in Kyoto in 1975.
    Working on many diverse genres and types of design such as advertising, branding, CD covers, bindings, magazine editorials, drama, commercials, etc.

    Taking part in many projects such as sponsoring LEMONLIFE design school, "KISS,TOKYO" a slogan supporting Tokyo, to just mention a few.

    in collaboration with many artists, LEMONLIFE celebrates its 10th anniversary this year with #nankayaroune2021 exhibition!

    ヤビク・エンリケ・ユウジ

    <Artists>

    ワタナベアニ / 信岡麻美 / 竹井千佳 / くっきー(野性爆弾) / Ed TSUWAKI / ハギーK / ヒロ杉山 / HIROSHI MASUDA / 永井博 / 磯部昭子 / 今城純 / 田中かえ / 鎌田かまを / キム・ソンへ / LITTLE THUNDER / たなかみさき / タカコノエル / 千原徹也 / 米原康正 / YOKO KUSANO / 橋爪悠也 ANI WATANABE / ASAMI NOBUOKA / CHIKA TAKEI / COOKIE / Ed TSUWAKI / HAGIE K / HIRO SUGIYAMA / HIROSHI MASUDA / HIROSHI NAGAI / ISOBE AKIKO / JUN IMAJO / KAE TANAKA / KAMAWO KAMADA / KIM SONGHE / LITTLE THUNDER / MISAKI TANAKA / TAKAKO NOEL / TETSUYA CHIHARA / YASUMASA YONEHARA / YOKO KUSANO / YUYA HASHIZUME

  • ART16

    Fountain#Neustonplastics

    [作家名/参加団体名] 藤元 明
    [展示場名] 渋谷スクランブルスクエア 7階 L×7
    [展示場住所] 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア
    [展示期間] 3月15日 (月) ~ 31日 (水)
    [営業時間] 11:00 ~ 20:00
    [展示会場 公式サイトURL] https://www.shibuya-scramble-square.com/

    Neustonplasticsは、Neuston:水表生物と、Microplasticsを合わせた造語である。
    船上から見渡す海面には海ごみは見当たらない。しかし船からNeuston netを下ろし、20分ほど曳航し海表をすくうと小さなプラスチック片が少量採れる。どこですくっても必ず採れるのである。様々な表情を見せる海面に写る見えないマイクロプラスチックは経年劣化で沈降し、消えて無くなることはない。

    LEDスクリーン協力:株式会社グリッド
    取材協力:国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)
    [Writer name / participating organization name] Akira Fujimoto
    [Venue] Shibuya Scramble Square 7F L×7
     Shibuya Scramble Square, 2-24-12 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
    [Period] March 15 (Mon) - 31 (Wed)
    [time] 11:00-20:00
    [URL] https://www.shibuya-scramble-square.com/

    Neustonplastics is a portmanteau of the words “neuston,” meaning organisms living on the surface of water, and “microplastics.”
    When you look out at the ocean from a boat, the marine debris on the surface of the ocean is not visible. But if you lower a neuston net from the boat and tow it along the surface for 20 minutes or so, you will manage to scoop up a small amount of tiny plastic particles. No matter where you scoop, you’re guaranteed to catch debris. These invisible microplastics on the surface of the ever-changing seascape will deteriorate over time and sink to the bottom, but will never dissolve completely.

    COOPERATION(LED Screen) :GRIDInc.
    Cooperation: Coverage Cooperation: JAMSTEC

    藤元 明 Akira Fujimoto

    1975年、東京生まれ。東京藝術大学デザイン科、《FABRICA》(イタリア)、東京藝術大学先端芸術表現科助手を経てアーティストとして国内外で活動。社会現象をモチーフに、様々な手法で作品展示やアートプロジェクトを展開。主なプロジェクトに「ソノ アイダ」「2021」「FUTURE MEMORY」「陸の海ごみ」「NEW RECYCLE®」など。 Born 1975 in Tokyo. A graduate of Tokyo University of the Arts’ Department of Design, he worked at 《FABRICA》(Italy)and became an assistant faculty of Intermedia Art, Tokyo University of the Arts before launching his career as an artist in Japan and internationally. His works consist of exhibitions and art projects that address the motif of social phenomena through a variety of techniques. His main projects include “SONO AIDA,” “2021,” “FUTURE MEMORY,” “Marine Garbage of Land” and “NEW RECYCLE®.”

    藤元明
  • ART17

    アニエスベー渋谷店 agnès b. Shibuya

    [作家名/参加団体名] アニエスベー
    [展示場名] アニエスベー渋谷店
    [展示場住所] 東京都渋谷区神宮前6-19-14
    [展示期間] 随時
    [営業時間] 11:00 ~ 20:00
    *緊急事態期間中は状況に応じて変更します。
    [展示会場 公式サイトURL] https://www.agnesb.co.jp/brand/shibuya/

    アニエスベー渋谷のファサードには、N.Y.を拠点に活動し、自身が手掛けるブランドKRINK(クリンク)でも知られるグラフィティアーティストのクレイグ・コステロが、オープニング時に来日して施したグラフィティが存在感を放つ。SUPPOSE DESIGN OFFICE(サポーズデザインオフィス)によるカフェを併設した3フロア構造のショップ最上階では、アート展やトークショーなど多様なフリーイベントを開催。
    [Writer name / participating organization name] agnès b.
    [Venue] agnès b. Shibuya
     6-19-14 Jingumae, Shibuya, Tokyo
    [Period] by event
    [time] 11:00-20:00
    [URL] https://www.agnesb.co.jp/brand/shibuya/

    On the façade of agnès b. Shibuya, a dynamic piece of graffiti art attracts the eyes of the visitors.  It was painted by the N.Y. based artist Craig Costello, also known as the owner and operator of Krink Inc., who visited the store at its opening in 2019.  Art exhibitions, talk shows and various types of free events are being held on the top-most floor of this three-storied building designed by SUPPOSE DESIGN OFFICE.

    アニエスベー渋谷店 agnès b. Shibuya

    アニエスベーのニューコンセプトストアとして2019年にオープン。
    ショップには様々なジャンルのコラボレーションアイテムやユニセックスアイテムが揃い、最上階にはフランスの文化や生活を肌で感じて楽しめるカフェとテラスを備え、アート、音楽、映画などアニエスベーがサポートするユースカルチャーを発信している。
    agnès b. Shibuya opened in 2019 as a new concept store for the brand.
    The store carries various types of collaboration items and unisex items for all types of needs. There is also a cozy cafe and a rooftop terrace on the top-most floor of the store, welcoming the visitors to experience the youth culture of which agnès b. supports, such as art, music, movies etc....

    藤元明
  • ART18

    breathe

    [作家名/参加団体名] 嶌村 吉祥丸
    [展示場名] 渋谷駅東口バスターミナル付近仮囲い
    [展示場住所] 東京都渋谷区渋谷2-24
    [展示期間] 3月15日 (月) ~ 3月31日 (水)

    2020年の初めに”photosynthesis”と題した展示を行なってから、この世界には様々な変化がおきました。いま、改めて呼吸することを見つめ直したいと思います。
    [Writer name / participating organization name] Kisshomaru Shimamura
    [Venue] Temporary fencing near the Shibuya Station East Exit bus terminal
     2-24 Shibuya, Shibuya, Tokyo
    [Period] March 15 (Mon) - 31 (Wed)

    Since I exhibited “photosynthesis” in early 2020, the world has changed in many ways. Right now, I want to reexamine what it means to breath.

    嶌村 吉祥丸 Kisshomaru Shimamura

    東京生まれ。国内外を問わず活動し、ギャラリーのキュレーターも務める。主な個展に"Unusual Usual"(Portland, 2014)、 “Inside Out” (Warsaw, 2016)、"photosynthesis"(Tokyo, 2020)など Born in Tokyo. He is active as an artist both in Japan and overseas, and also works as a gallery curator. Major solo shows include "Unusual Usual"(Portland, 2014), “Inside Out” (Warsaw, 2016), and "photosynthesis"(Tokyo, 2020).

    藤元明
  • 各展示施設へご来場いただく皆様へご協力のお願い

    発熱や風邪のような症状がある場合には、ご来場をお控えいただきますようお願いいたします。

    会場内では、マスクを常時着用していただきますようお願いいたします。

    手洗いや手指消毒にご協力ください。

    大きな声での会話はお控えいただき、展示作品観覧時、移動時には他の来場者と距離の確保(2m)にご協力ください。

    新型コロナウイルス 感染症対策及び安全確保のため、予告なく展示を終了する場合がありますので予めご了承くださいませ。

    Requests to Exhibit Visitors

    Please refrain from visiting if you have a fever or cold-like symptoms.

    Wear a mask at all times while inside the venue.

    We ask for your cooperation in washing and sterilizing your hands.

    Refrain from conversing loudly and maintain distance (2m) from other visitors when moving between and viewing exhibits.

    Please note that according to circumstances, the exhibition may be closed without advance notice to secure safety and prevent the spread of COVID-19.

SHIBUYA FASHION POSTERS
The Real Clothing

参加12施設の最新アイテムをモデル/インフルエンサーが身に纏った24種のオリジナルルックポスターが、渋谷の街なかの路地壁面(25カ所168面)に登場。

24 original look posters will appear on the alley walls of Shibuya, with the latest items from the 12 participating facilities worn by models and influencers. These will be deployed on 168 surfaces in 25 locations around Shibuya Station.

QFRONT7階のWIRED TOKYO 1999(レジ横)で、
ポスターを冊子にしたLOOKBOOKを限定50部配布中!
※無くなり次第終了です。
Limited 50 LOOKBOOKs are being distributed at WIRED TOKYO 1999 (near the cash register) on the 7th floor of QFRONT!
* It will end as soon as it runs out.

渋谷ファッションウイーク期間中に開催している関連イベント

Related events being held during Shibuya Fashion Week

  • shop01

    渋谷ヒカリエ Shibuya Hikarie

    「まとうを楽しむ」 “Enjoying dressing”

    「まとう」にこだわるアーティストやデザイナーが、トーク&ライブを開催。
    洋服や衣装を選ぶ理由は十人十色。
    自分と向き合い、自分らしくありたい人へ。
    Talk and music shows by artists and designer who are thoughtful about how they dress.
    Every person has their own unique reasons when choosing regular or stage clothing.
    For those who wish to be true to themselves.

    企画・制作:CINRA.NET

    会期:3月21日 (日)
    時間:13:00 ~ 19:00
    会場:渋谷ヒカリエ 8階 8/COURT(東京都渋谷区渋谷2-21-1)
    公式サイト:https://www.hikarie8.com/court/
    Planned and produced by: CINRA.NET

    Date: March 21 (Sun), 2021
    Time: 1 pm to 7 pm
    Venue: Shibuya Hikarie 8F 8/COURT (2-21-1 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo)
    Official website: https://www.hikarie8.com/court/

  • shop02

    渋谷ストリーム SHIBUYA STREAM

    「SHIBUYA SLOW STREAM」 SHIBUYA SLOW STREAM

    2020年11月にスタートした「SHIBUYA SLOW STREAM」は、慌ただしい渋谷の中心部から少し離れ、ゆっくりと流れる時間を過ごしながら新しい出会いを楽しむ、コロナ禍でも安心して楽しめる屋外イベントです。通常の「SHIBUYA SLOW STREAM」のマーケットに加えて、今回は「良いモノを引き継ぐ」ための新企画「Take Over Market(テイクオーバー・マーケット)」が登場します。 "SHIBUYA SLOW STREAM", which started in November 2020, is an outdoor event where you can enjoy new encounters while having a laid-back time away from the busy center of Shibuya. In addition to the regular "SHIBUYA SLOW STREAM" market, the new project "Take Over Market" will be introduced, with the concept of passing on good things.

    会期:3月20日(土)~3月21日(日)
    時間:12:00〜19:00
    会場:渋谷ストリーム(東京都渋谷区渋谷3-21−3)
    公式サイト:https://shibuyastream.jp/event/
    Dates: March 20 (Sat)–21 (Sun), 2021
    Time: 12 noon to 7 pm
    Venue: SHIBUYA STREAM (3-21−3 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo)
    Official website: https://shibuyastream.jp/event/

  • shop03

    渋谷キャスト SHIBUYA CAST.

    「渋谷デザイナーズマーケット」 “SHIBUYA DESIGNERS MARKET”

    特定のスタイルに流されることなく、つくり手もお客さんもそれぞれの個性を発揮しながら、自由を楽しみ、デザインするマーケット。
    多様な人々が行き交う渋谷の真ん中に、ジャンルやテイストにしばられない“デザイン”が集います。
    SPACE(施設屋内)では、MHM(Menstrual Hygiene Management:月経衛生対処)の課題解決に取り組む一般社団法人ニュービーによるワークショップや、トークセッション、展示を開催します。
    This is a market where creators and customers will be able to enjoy freedom and design while demonstrating their individuality without being distracted by specific styles.
    In the middle of Shibuya, where diverse people come and go, you will find "design" that is not bound by genre or taste.
    At SPACE (indoor facility), workshops, talk sessions, and exhibitions will be held by the General Incorporated Association Newbe, which has been working to solve the problems of MHM (Menstrual Hygiene Management).

    会期:
    3月20日(土) ガーデン 12:00〜18:30/スペース 10:30~18:30
    3月21日(日) ガーデン 12:00〜18:00/スペース 10:30〜18:00
    会場:渋谷キャスト(東京都渋谷区渋谷1-23-21)
    公式サイト:https://shibuyacast.jp/event/
    Dates:
    March 20 (Sat) Garden 12 noon to 6:30 pm / Space 10:30 to 6:30 pm
    March 21 (Sun) Garden 12 noon to 6 pm / Space 10:30 to 6 pm
    Venue: SHIBUYA CAST. (1-23-21 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo)
    Official website: https://shibuyacast.jp/event/

  • shop04

    渋谷スクランブルスクエア・SHIBUYA QWS Shibuya Scramble Square / SHIBUYA QWS

    「ファッションの本質を問う」 “Questioning the Essence of Fashion”

    渋谷ファッションウイークの公式タイアップイベントとして、様々な人々が交差・交流し、社会価値につながる種を生み出す会員制の施設「SHIBUYA QWS」と、社会の問題をビジネスアイデアで解決し、持続可能な社会をつくることをめざす東急エージェンシーのプランニング・チーム「POZI」によるイベント。「POZIとQWSが問うSDGs ファッションの本質を問う@SFW」と題し、ゲストを招いたリアル&配信型のステージイベントを開催します。 As an official tie-up event of Shibuya Fashion Week, SHIBUYA QWS, which aims to create seeds that lead to new values through a membership-based facility where diverse people cross paths and interact collaborates with the Tokyu Agency planning team “POZI,” which aims to create a sustainable society by solving social issues with business ideas. Under the title of “Questioning the Essence of Fashion by POZI and QWS @ SFW,” the event on stage will invite guests and be held both with a live audience and online.

    開催日:3月27日 (土) 時間:13時 ~ ※予定
    会場:渋谷スクランブルスクエア15階 SHIBUYA QWS (東京都渋谷区渋谷2-24−12)
    公式サイト:
    https://shibuya-qws.com/event-qws-pozi-sfw ※イベントサイト (情報は随時更新します。)
    https://qws-pozi-sfw.peatix.com ※参加申し込みサイト
    Date: March 27 (Sat), 2021 Time: from 1 pm *tentative
    Venue: Shibuya Scramble Square 15F SHIBUYA QWS (2-24-12 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo)
    Official website:
    https://shibuya-qws.com/event-qws-pozi-sfw *event site (information will be updated frequently)
    https://qws-pozi-sfw.peatix.com *site to apply for participation

Talk Event

世界的な写真家レスリー・キーが立ち上げたチャリティープロジェクト「We Are The Love」

レスリーが30年に及んで撮りためてきた著名人500人のポートレートを、愛をテーマに1冊の写真集にまとめ、収益の一部は児童養護施設に寄付します。子どもたちの未来への思いが紡がれ、活動は多くの支援と反響を呼んでいます。

写真集に載るすべての人の「生きた証」。それは、今の時代の人々に「命の大切さ、生きる美しさ」を伝えてくれるでしょう。レスリー・キーによるトークイベントではスペシャルゲストを迎え、プロジェクトへの想いなどを語ります。

“We Are The Love” is a charity project launched by Leslie Kee, an international photographer.

Portraits of 500 celebrities shot by Leslie over a period of 30 years have been compiled into a single photo book under the theme of love, with a portion of revenues to be donated to an orphanage. Weaving his hopes for the future of children, his activities have drawn much support and response.
Proof for everyone in this photo book that they have lived. This is sure to impart the importance of life and beauty of living to people today. Leslie Kee will welcome special guests for this talk show and discuss his aspirations for this project.

  • レスリー・キー「We Are The Love」トークイベント Leslie Kee “We Are The Love” Talk Event
  • 開催日 Date
    3/19 (金) 17:30 ~ 18:30 March 19 (Fri), 5:30 pm to 6:30 pm
  • 会場 Venue
    渋谷スクランブルスクエア 15階 INERTIA SHIBUYA STUDIO
     ※YouTube、Clubhouseによる配信トークイベントとなります。
    Shibuya Scramble Square 15F INERTIA SHIBUYA STUDIO
     (also streamed online via Clubhouse and YouTube)
  • スピーカー Speakers
    レスリー・キー他スペシャルゲスト Leslie Kee and special guests
  • イベント詳細URL URL for event details
    https://inertiaart.io/news/shibuya-fw/

Facility information

  • 東急百貨店 渋谷・本店

    〈Leon art jewelry〉 期間限定出店 <Leon art jewelry> Limited-time store

    〈Leon art jewelry〉は、2人の画家が国内外で集めた顔料を使い、色の美しさを引き出すオリジナル技法によって作られたアートを身にまとうアクセサリー。 一点物のアクセサリーには、人生や毎日を励ます想いを込めた短い詩を添えています。色と美の宇宙を一緒に楽しんでください。

    会期:3月18日 (木) ~ 24日 (水)
    場所:1階 特設スペース

    住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
    TEL:03-3477-3111(代表)
    営業時間:10時30分~18時30分 ※8階レストラン他、一部営業時間が異なります。
    https://www.tokyu-dept.co.jp/honten/
    <Leon art jewelry> are accessories that let you wear art, made with original techniques to complement the beauty of colors using pigments collected throughout Japan and the world by two painters. Each piece is unique and comes with a short poem that hopes to provide encouragement for life and every day. Enjoy the universe of color and beauty.

    Dates: March 18 (Thu)–24 (Wed)
    Venue: 1F Special event space

    Address: 2-24-1 Dogenzaka, Shibuya-ku, Tokyo
    TEL: 03-3477-3111 (main number)
    Business hours: 10:30 am to 6:30 pm *Some hours differ, such as on the 8F restaurant floor.
    https://www.tokyu-dept.co.jp/honten/

    東急百貨店 渋谷・本店 Tokyu Department Store, Shibuya Honten Store

  • RAYARD MIYASHITA PARK

    MEET?
    MIYASHITA PARK 2021SPRING FASHION

    「MEET?」をテーマに、5人の俳優やモデルが「RAYARD MIYASHITA PARK」を散策する「お買い物ブギ!」を公式WEBサイトにて公開します。この春、おすすめのファッションアイテムとの出会いを求めて、「RAYARD MIYASHITA PARK」の様々なショップを巡る様子をレポート。出演するのは、浅利琳太郎、あの、在原みゆ紀、あわつまい、松㟢翔平(順不同)の5人。それぞれの視点から選ばれる春のトレンドアイテムをお楽しみに! また、あのはモデルのKeigo Okazakiとともに「2021SPRING FASHION」メインヴィジュアルにも登場します。こちらもお見逃しなく。

    住所:東京都渋谷区神宮前6-20-10 TEL:03-6712-5630 ※受付時間(11:00~18:00) 営業時間: ●ショップ 11:00~21:00 ●レストラン・フードホール 11:00~23:00  ※一部店舗は異なります。 ※感染症拡大防止のため政府および自治体の協力要請などにより、営業時間に変更が生ずる場合がございます。 https://mitsui-shopping-park.com/urban/miyashita/
    With the theme of “MEET?” five actors and models will take a walk through RAYARD MIYASHITA PARK for “Shopping Boogie!” to be introduced on the official website. They will visit and report on the different shops in RAYARD MIYASHITA PARK in search of the recommended spring fashion items. Appearances will be made by Rintaro Asari, Ano, Miyuki Arihara, Mai Awatsu, and Shohei Matsuzaki. Check out the spring trend items they choose from each of their perspectives! Also, Ano will be featured on the 2021 SPRING FASHION main visual alongside model Keigo Okazaki. Don’t miss this!

    Address: 6-20-10 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo
    TEL: 03-6712-5630 *call hours 11 am to 6 pm
    Business hours:
    ●Shops 11 am to 9 pm
    ●Restaurants/food hall 11 am to 11 pm
    *Hours vary at some shops.
    *Business hours are subject to change at the request of the government or local municipalities to prevent the spread of disease.
    https://mitsui-shopping-park.com/urban/miyashita/

    RAYARD MIYASHITA PARK

  • 渋谷スクランブルスクエア

    UNOHA POPUP STORE

    3月16日(火)から4月5日(月)までの期間、アクティブな機能性ウエアからラウンジウエアまで展開するライフスタイルブランド“UNOHA(ウノハ)”のポップアップストアがオープン!11,000円以上(税込)お買い上げいただいた先着50名様に、端材を使用したエコトートバッグをプレゼントします。

    住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12
    TEL:03-4221-4280
    営業時間:11:00~20:00
    ※営業時間に変更が生じる場合がございます
    https://www.shibuya-scramble-square.com/shops_restaurants/
    From Tuesday, March 16 through Monday, April 5, the lifestyle brand UNOHA that offers active functional wear and loungewear will open a popup store! The first 50 customers who make a purchase of 11,000 yen or up (incl. tax) will receive a complimentary eco-tote bag made with scrap material.

    Address: 2-24-12 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
    TEL: 03-4221-4280
    Business hours: 11:00-8:00 pm
    ※Open hours may change occasionally
    https://www.shibuya-scramble-square.com/shops_restaurants/

    渋谷スクランブルスクエア Shibuya Scramble Square

  • 渋谷ヒカリエ 8/ATELIER

    Studio Oeuf (スチューヂュオ ウフ)
    学生クリエイター作品展示販売会
    Studio Oeuf
    Display and sale of student creator works

    文化学園大学、文化服装学院、BFGUの有志学生によるハンドメイド作品の展示販売イベントは、まさにかわいいのおもちゃ箱!!総勢40を超えるブランドの中から厳選した個性あふれる様々なデザインのアイテムが並びます。これからの未来を担うクリエイターのたまごたちの作品をぜひ、お手にとってご覧ください。

    住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階 ATELIER
    TEL:03-3299-2187(主催:文化学園ファッションリソースセンター)
    営業時間:3月12日(金)〜 3月21日(日) 11:00 - 20:00
    https://www.hikarie8.com/atelier/2021/02/studio-oeuf.shtml
    This display and sales event of items handmade by students from Bunka Gakuen University, Bunka Fashion College, and BFGU will truly be a toy box of cuteness!! There will be a lineup of items with an array of unique designs, carefully chosen from over a total of 40 brands. Take this opportunity to check the work of fledgling creators with promising futures.

    Address: 2-21-1 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo Shibuya Hikarie 8F ATELIER
    TEL: 03-3299-2187 (Organizer: Bunka Gakuen Fashion Resource Center)
    Business hours:
    March 12 (Fri)–21 (Sun), 11 am to 8 pm
    https://www.hikarie8.com/atelier/2021/02/studio-oeuf.shtml

    渋谷ヒカリエ Shibuya Hikarie

  • 渋谷ヒカリエ 8/ATELIER

    石徹白洋品店 春夏の服展 Itoshiro Yohinten Spring/Summer Apparel Exhibit

    岐阜県の最奥にある石徹白(いとしろ)という集落で、地域に伝わる直線裁断で作られた服の形をベースに現代のライフスタイルに合うよう、リデザインをして服作りをしています。
    この度、ATELIERにて春夏の服の展示販売を行います。
    背景の見えるものづくりを基本に、草木染や藍染をした新作服をお披露目します。

    住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階 ATELIER
    TEL:0575-86-3808(石徹白洋品店)
    営業時間:
    3月25日(木)~3月30日(火)11:00~20:00 ※最終日は18:00まで
    https://itoshiro.org/
    In a village called Itoshiro located deep in Gifu Prefecture, we redesign clothing based on the shapes created by local traditional straight-cutting methods to match modern lifestyles.
    We will be displaying and selling spring/summer clothing at ATELIER, also presenting new items using plant and indigo dyes, based on the principle of artisanal manufacturing with a transparent background.

    Address: 2-21-1 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo Shibuya Hikarie 8F ATELIER
    TEL: 0575-86-3808 (Itoshiro Yohinten)
    Business hours:
    March 25 (Thu)–30 (Tue), 11 am to 8 pm *Until 6 pm on final day
    https://itoshiro.org/

    渋谷ヒカリエ Shibuya Hikarie

IC Touch Campaign

東京クリエイティブサロン2021の開催エリアのうち銀座エリアを除く4つのエリアにおいて、「東京クリエイティブサロンICタッチキャンペーン」を3月15日(月)から3月31日(水)まで実施いたします。

対象エリアに設置の専用端末機に、交通系ICカードをタッチすると、東京クリエイティブサロン2021公式アンバサダー 乃木坂46 オリジナルクリアファイルをはじめ、抽選で素敵な賞品をプレゼントいたします。

"IC Touch Campaign TOKYO CREATIVE SALON" is implemented in four areas excluding Ginza area among where TOKYO CREATIVE SALON 2021 is held from Monday, March 15 to Wednesday, March 31.

When you touch your public transit IC card on a dedicated terminal machine installed in targeted areas, you get a chance to receive a wonderful prize including an original clear file of official ambassadors Nogizaka 46 by lot.

  • <賞品内容> <Contents of prizes>
    (1) TCS賞:
    東京クリエイティブサロン公式アンバサダー 乃木坂46 オリジナルクリアファイル

    (2) SFW賞:
    ①SHIBUYA LOOK BOOK "THE REAL CLOTHING(先着100名)
    ②SHIBUYA FASHION WEEK STICKER(先着300名)
    ③【東急プラザ各店対象】500円割引券(先着100名)
    ④【どこ渋モバイルオーダー】SFW限定300円OFFクーポン
     ※渋谷ストリーム飲食店対象(先着500名)
    ⑤【どこ渋モバイルオーダー】SFW限定300円OFFクーポン
     ※渋谷ヒカリエ飲食店対象(先着500名)
    ⑥マルイの商品券1000円分(先着50名)
    (1) TCS Award:
    Original clear file of TOKYO CREATIVE SALON official ambassadors Nogizaka 46

    (2) SFW Award:
     1) SHIBUYA LOOK BOOK "THE REAL CLOTHING (First 100 persons)
     2) SHIBUYA FASHION WEEK STICKER (First 300 persons)
     3) [Targeted at Each Store of Tokyu Plaza] 500 yen discount coupon (First 100 persons)
     4) [Doko-shibu Mobile Order] SFW Only 300 yen discount coupon
      *Targeted at Shibuya Stream eating and drinking places (First 500 persons)
     5) [Doko-shibu Mobile Order] SFW Only 300 yen discount coupon
      *Targeted at Shibuya Hikarie eating and drinking places (First 500 persons)
     6) Gift certificates of Marui worth 1000 yen (First 50 persons)
  • <賞品引換場所> <Place to receive the prize>
    ①~⑤:東急プラザ渋谷 3階インフォメーションカウンター
    ⑥:渋谷マルイ5階バッグセレクト
    1) to 5) Information counter on the 3rd floor, Shibuya Tokyu Plaza
    6) Bag Select Shop on the 5th floor, Shibuya Marui
  • <賞品引換期間> <Period to receive the prize>
    3月15日(月)から3月31日(水)まで From Monday, March 15 to Wednesday, March 31
  • <参加方法・詳細はこちら> <How to participate and details>
    https://tokyo-creativesalon.com